生活

【ミズノマスク】洗い方の方法や注意点は?洗濯で繰り返し使えると話題!

2020年5月16日に初回販売された「洗えるミズノマスク」

大人気のため即日完売となり、2020年5月28日からは抽選方式販売となっています。

ミズノマスクのミズノマスクは「洗濯をすれば繰り返し使用できる」ことが嬉しい点ですが、洗濯はどのようにするのでしょうか。

また、注意点があるのかについても調査していきます。

【ミズノマスク】の素材は?


ミズノマスクは水着素材が採用されています。

水着素材が用いられることでの特徴を見ていきます。

ミズノマスクの特徴

伸縮性に優れている

肌に優しい

洗濯で何度も使用可能

ポリエステル製なので洗濯しても傷みにくく、シワになりにくい

ミズノマスクで使用されている「水着素材」とは何でしょうか。

スポンサードリンク

水着素材はポリエステルとポリウレタン

ミズノマスクには本体にポリエステル83%、ポリウレタンが17%、マスクの内側は

それぞれのメリット・デメリットを見ていきます

ポリエステルメリット・デメリット

メリット

耐久性があり、摩耗にも強い。

伸縮性に富む

ポリエステルの製造に使用される繊維は非常に強く、軽量

シワになりにくい

形状記憶性が高い

カビや湿気に強い繊維

ポリエステル生地はお手入れが簡単で、自宅で洗濯や乾燥が可能

速乾性

デメリット

毛玉ができやすい

静電気が発生しやすい

ポリウレタンメリット・デメリット

メリット

伸縮性がある

軽い

シワになりにくい

温度や湿度の変化に強い

デメリット

水に弱い

温度・湿度の変化に弱い

劣化しやすい

ポリエステルとポリウレタンは多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットも。

特にポリウレタンは劣化しやすく、水や温度・湿度の変化によって劣化のスピードが速まるともいわれています。

neoti
neoti
劣化のスピードを速めないためにも、「優しく手洗い」は必要なのですね。

では、具体的な選択方法を見ていきましょう

スポンサードリンク

【ミズノマスク】洗い方の方法は?

ポリエステルは基本的に形状記憶があり、摩耗にも強いため、ポリウレタン素材に配慮した洗濯方法となってきます。

洗濯方法

ミズノマスクでも推奨されているように、基本的に「手洗い」を行います。

こちらでご紹介する方法は一例となります。

用意するもの

中性洗剤(エマールなど、おしゃれ着用の洗剤)

30度以下のお湯

手洗い方法

①容器に30度以下のお湯をあため、お湯の量に合わせた洗剤を入れる。

②手のひらで押しながら(押し洗い)汚れを溶かし出す。数分続ける。

③すすぎ洗いをする。きれいな水に入れ替え、押し洗いをしていく。2〜3回にわけて洗剤を洗い流す。

④乾いたタオルに挟んで水気を取る。

⑤日陰で風通しのいい場所で干す。

neoti
neoti
ポリウレタンは温度や湿度の変化に弱いので、基本的には陰干しが良いそうです。

洗濯時の注意点は?

ポリエステルは熱に弱い性質のため、乾燥器の使用や直射日光の当たる場所で干すのは避けましょう。

劣化スピードを速めないためにも、強い力の加わる洗濯機の使用は避けたほうが良いでしょう。

neoti
neoti
優しく洗濯がコツですね!
スポンサードリンク

まとめ

肌にも優しいミズノマスクですが、洗濯方法によっては劣化を早めてしまうこともあるようです。

優しく洗って長く使っていきましょう。

【ミズノマスク】予約(抽選)サイトに繋がらない・予約できない時の原因・対処法は?新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、需要が高まっているマスク。 様々な企業からマスクが生産されつつありますが、スポーツ用品メーカー...
【ミズノマスク】口コミや感想まとめ!使い心地や使用感は?本当に涼しい?2020年5月16日に即日完売となった「洗えるミズノのマスク」 続々と購入者のもとへマスクが届けられているようですが、実際の使用感...
【ミズノマスク】2回目の抽選申し込み方法は?応募期間や注意点についても調査!2020年5月28日に販売予定であった洗えるミズノのマスク。 予想を超える反響であったために急遽抽選方法に変わりました。 そ...
スポンサードリンク