事故

東京都北区でひき逃げし警視庁職員が逮捕!会社員が道路に倒れていた理由は?事件現場はどこ?

2020年7月19日、東京都北区上十条環七通りで会社員がひき逃げされ死亡する事件が発生しました。

会社員は道路に倒れていたところをひき逃げされたようですが、なぜ倒れていたのでしょうか?

今回はこの事件について調査していきます。

東京都北区でひき逃げし警視庁職員が逮捕!

警視庁は19日、道路に倒れていた男性(21)を車でひいて死亡させた上、逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、警視庁留置管理1課の主事五味丈士容疑者(54)=東京都足立区=を逮捕した。

警視庁によると、「事故を起こしたのは間違いないが、(はねたのが)人とは思わず、その場を離れてしまった」と供述しているという。

引用元:共同通信

事故当時被害男性は道路に倒れていたとのこと。

スポンサードリンク

会社員が道路に倒れていた理由は?

会社員の小栗佑亮さんが道路に倒れていた理由についての詳細は公表されていません。

事故が起こったのは早朝4時。

その時間帯に倒れていたとあれば、帰宅途中に病気で倒れてしまったか、泥酔していた可能性がありますね。

小栗さんの年齢はとても若いことから、泥酔し道路で寝てしまった可能性が高いですが、詳細については現在調査が進められています。

原因が泥酔であれば、運転する側もとても怖いですね…。
スポンサードリンク

五味丈士の顔画像は?

顔画像についても公表されていません。

五味容疑者は留置所の食事や清掃などを担当する一般職員で、早番のための出勤途中だったそう。

通勤途中であったことから、飲酒運転の可能性は低いと思われます。

事故後、現場から数百メートル離れた駐車場に車を止め、いったん現場に戻っていたという五味容疑者。

その際に人を轢いたことに気が付き

五味容疑者
五味容疑者
道路で人が倒れている。血を流している

と、119番通報したが、駆けつけた警察官には自らが事故を起こしたことは伝えず、「仕事がある」と言って、職場のある北区の警視庁分室へ向かったようです。

「まさか人だとは思わなかった」と供述していることから怖くなり立ち去ってしまったのでしょうか。

小栗さんの左腕や顔面にはタイヤでひかれた痕があったことから、警視庁が五味容疑者に関係者の一人として事情を聴いたところ、五味容疑者は関与をほのめかす発言をしたそうで逮捕に繋がったようです。

五味容疑者は1999年に警察職員として採用され、2006年から留置管理1課で勤務していたそうですが、今後何らかの処分が下されそうですね…。

スポンサードリンク

事故現場はどこ?

事故現場

東京都北区上十条4の都道(環状7号線)

男性の口コミ
男性の口コミ
交通量が多そうですね…
スポンサードリンク

事故に対するネット声

こういうニュースが出るたびに、運転する身としてはゾッとする。なぜ道路に寝ている?もし体調が悪かった人ならば可哀想だけど、仮に酔っ払いだとしたら、、、、今、道路で寝るほど酔い潰れることが許されない
道路に倒れてたひとをひいちゃったとしても、酔っぱらってない限りその場で通報すれば書類送検で不起訴か処分保留ぐらいで済んだものを。人生を無駄にしましたね。
午前4時道路に仰向けで倒れていた?
寝てたの間違いでは?
警察でなくても、車通勤なら「事故を起こした場合、現場を離れるな」と職場で口酸っぱく言われていると思うが。
例え被害者が酔っぱらって道路に寝ていたとしても、現場を離れてしまうと負けだ。何を言っても言い訳にしか聞こえない。これだから車の運転は怖い。
スポンサードリンク