事件

【嘱託殺人】京都のALS患者に薬物投与で安楽死。医師は誰で顔画像は?勤務先病院はどこ?

2020年7月23日、ALS患者である京都在住の女性の依頼を受けた医師2人が女性に薬物を投与し安楽死させる事件が発生しました。

医師2人は女性の主治医ではなかったようですが、この事件が起こった経緯は何だったのでしょうか?

また、依頼を受けた医師はいったい誰なのかについて調査していきます。

【嘱託殺人】京都のALS患者に薬物投与で安楽死。

全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、ALSの女性患者の依頼を受け、京都市の自宅に出向いて薬物を投与し、殺害した疑いがあるとして、警察が宮城県と東京の医師2人を嘱託殺人の疑いで逮捕したことが捜査関係者への取材で分かりました。

逮捕されたのは、いずれも医師で宮城県名取市で開業している大久保愉一容疑者(42)と東京 港区に住む山本直樹容疑者(43)の2人です。

捜査関係者によりますと、去年11月、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、ALS=筋萎縮性側索硬化症を患った51歳の女性が、京都市の自宅で容体が急変し、搬送先の病院で死亡しました。

病院で詳しく調べた結果、体内からふだん服用していない薬物が見つかったということです。

引用元:NHKニュース

女性は一人暮らしで、看護が24時間必要な状態だったそう。周囲に「安楽死させてほしい」と話していたそうです。

ALSは徐々に全身の筋肉が動かなくなっていく病気。最初は細かい作業が出来なくなってきますが、症状が進行するにつれて呼吸に関連する筋肉も動かなくなっていくため、呼吸器が必要となってきます。

意識は最後まではっきりしているため、精神的な苦痛も大きいことが特徴ですね。

女性の発言から、症状が進むことへの恐怖や苦悩が伝わってきます。

24時間看護が必要だったことから、症状はかなり進行している状況だったのではないでしょうか。

医師二人は女性の自宅へ赴き、薬物を投与し殺害したとみられています。

医師二人は女性の主治医ではなかったそう。女性とはどのような関係だったのでしょうか?
スポンサードリンク

医師二人と女性の関係は?

現在警察による捜査が進められています。

2人は女性の主治医ではなかったとのこと。

尊厳死や安楽死に対して積極的な考えを持っている医師なのかもしれませんね。

主治医が関わっていたのかについても同時に捜査が進められているようです。
スポンサードリンク

医師は誰で顔画像は?勤務先病院は?

医師二人は実名報道されています。

大久保愉一

山本直樹

大久保愉一医師

大久保愉一

大久保医師は宮城県名取市で「おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニック」を開業しているとのこと。

住所

宮城県名取市植松3丁目5−24

丁寧に診察してくれる、と評判のクリニックのようです。
スポンサードリンク

山本直樹医師

山本直樹

山本医師は勤務医であるため、詳しい病院名は公表されていませんでした。

勤務地も住所も違う二人はどのようにして知り合ったのでしょうか。

医師二人の関係性は?

医師二人については捜査が進められていますが、分かっていることをまとめてみます。

女性からの依頼で金銭目的で犯行に及んだ可能性もある

会員制交流サイトを通じて知り合う。

依頼された女性との面識はない

ALS患者に対する安楽死、尊厳死に関しては以前から議論されていますが、医師の考え方ではなく「金銭目的」だとしたら、今回の事件はかなり問題となりますが、本当に「金銭目的」だったのでしょうか?

スポンサードリンク

ALS患者の自宅はどこ?

事件現場

京都府京都市中京区

自宅はマンションだったそう。

詳しい場所については公表されていないようです。
スポンサードリンク

嘱託殺人に対する世間の声

スポンサードリンク