事件

【大阪市住之江区浜口西】首に包丁が刺さった高齢女性は誰?自殺理由は?

2020年6月1日、大阪市内で首に包丁が刺さった高齢女性が通行人が発見し、病院へ救急搬送されました。

命には別状はなかったとのことですが、いったいこの女性に何があったのでしょうか。

今回はこの事件について調査していきます。

【首に包丁が刺さった高齢女性発見】事件概要

6月1日、大阪市住之江区の遊歩道そばの芝みで、高齢女性が首に包丁が刺さった状態で見つかりました。警察は、自殺を図った可能性もあるとみて調べています。

1日午後5時半頃、大阪市住之江区浜口西の遊歩道そばの芝みで「女性が倒れている。首に包丁が刺さっている」と通行人の男性から110番通報がありました。

警察によりますと、現場には首に包丁が刺さった高齢の女性が倒れていて、病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。

引用元:YAHOO!ニュース

女性の近くには別の包丁と、女性のものと思われるキャリーカートがあったそう。

キャリーカーの中には財布は入っておらず、身元がわかる所持品もなかったとのこと

財布が無かったことから、窃盗事件も考えられますが、警察は「自殺の可能性が高い」として捜査を進めているようです。

別の包丁をもっていたのも、気になりますね。
スポンサードリンク

事件現場の場所はどこ?

現場住所

大阪府大阪市住之江区浜口西の遊歩道

 

スポンサードリンク

首に包丁が刺さった高齢女性は誰?自殺理由は?

高齢女性の名前や顔画像は分かりませんが、近くにキャリーカートがあったことから、多少なりとも足が不自由であった可能性がありますね。

キャリーカートとの記載ですが、高齢であることから、おそらくシルバーカーではないでしょうか。

年齢も不明ではありますが、「高齢」との表現から、70歳代~80歳代以上ではないでしょうか。

財布が無かったことや、2本以上の包丁を所持していたことから、自殺以外の可能性もありますが、現在警察が調査を進めています。

neoti
neoti
人の目に付きやすい場所で倒れていたのも気になりますね…。
高齢女性が自分の首をさせる器用さと力があるのか…、気になりますね。

シルバーカーとは

シルバーカーは長時間歩くときや、荷物を持ち運ぶときに利用します。買い物がしやすいように、カゴがつくなどの工夫がされています。移動に疲れた場合は椅子にして休憩をとることも可能です。

足が不自由な方にとっては歩行補助の役割もあります。

スポンサードリンク

事件に対するネットの声

スポンサードリンク