事故

腹ばいでスケートボードに乗った4歳男児が車に轢かれ死亡、運転手の責任は?現場はどこ?

2020年6月23日、東京都世田谷区でスケートボードに乗った男の子が車に轢かれ、死亡する事故が発生しました。

男の子は腹ばいになっていたという事ですが、運転手の責任はどうなるのでしょうか。

今回はこの事件について調査していきます。

スケートボードに乗った4歳男児が車に轢かれ死亡

23日午後、東京 世田谷区の住宅街で、4歳の男の子がワゴン車の下敷きになり、意識不明の重体になっていましたが、搬送先の病院で死亡しました。

男の子はスケートボードに腹ばいになって乗っていたところ、車にひかれたとみられ、警視庁が詳しい状況を調べています。

警視庁によりますと、当時、祖母と一緒にいましたが、スケートボードに腹ばいになって乗って、手で押しながら交差点にさしかかったところで車にひかれたとみられています。

引用元:NHKニュース

死亡した男の子は藤原拓海くん4歳。

男の子はスケートボードに腹ばいで乗っており、手で押して進めていたようです。

運転手の瀬田康彦容疑者は現行犯逮捕されたようです。

男の子の体格も小さく、腹ばいとなることで運転席からは死角となってしまい、見えにくくなっていたと考えられますが、運転手の責任はどのようになるのでしょうか。

スポンサードリンク

運転手の責任は?

現在運転手は「自動車過失運転致死傷罪」で逮捕されることとなるようです。

しかし、男の子は腹ばいの状態で運転席からは見えにくい状況であったことから、今後、警察の現場検証の結果によっては減刑される可能性もありそうです。

過失運転致死傷罪とは

交通事故を起こして被害者に怪我をさせたり死亡させたりした場合に成立する可能性がある犯罪です。

過失による罪なので、故意がなく不注意によって相手を怪我させた場合にも、過失運転し死傷罪が成立する可能性があります。

この場合の「過失」は、特に重い罪は求められていません。

現状の罰則としては「7年以下の懲役または禁固もしくは100万円以下の罰金」となります。

当時男の子と一緒にいたのは、男の子の祖母。

男の子に注意していれば事故は防げた可能性もありますが、祖母もいたたまれない気持ちでしょう…。

スポンサードリンク

事故現場はどこ?

現場は東急電鉄大井町線の上野毛駅から北に900メートルほど離れた住宅街

住所

東京都世田谷区上野毛4-4

東急田園都市線の用賀駅からおよそ1キロメートルの距離にある住宅街。

とても狭い路地で、さらに見えにくい状況であることが分かりますね…。

スポンサードリンク

事故に対するネットの声

スポンサードリンク