事件

仙台上空の白い物体の正体は何?気球?UFO?北朝鮮からの偵察機との声も!

2020年6月17日、宮城県仙台市上空に白い気球のような物体が空を飛んでいたとわだいとなっています。

警察、自衛隊からの有力な手掛かりはなく、航空法に基づく届け出もないとのこと。

正体不明のこの物体はいったい何だったのでしょうか。

仙台上空に白い飛行物体

仙台市の上空に17日朝、気球のような白い物体が浮かんでいるとの情報が、宮城県警や仙台管区気象台などに相次いで寄せられた。県警は同日午前、ヘリコプターを飛ばして仙台市周辺の上空を警戒した。

河北新報社に寄せられた情報によると、気球のような物体は同日午前4時ごろから目撃された。下部には十字状の物がぶら下がっている。

国土交通省仙台空港事務所によると、午前6時すぎに仙台空港西側の上空に白い物体を確認したが、航空法に基づく届け出や報告はないという。物体は気象観測機器を飛ばすための気球に形は似ているが、気象台は「気象庁が打ち上げた物ではない」と説明している。

この飛行物体については、宮城県警や自衛隊、大学とも連絡を取っているとのことですが、有力な情報はないとのこと。

飛行機よりも高い高度で飛んでいたという白い物体。

高度は25000m付近で飛行しているとの情報もあるようです。

一体この飛行物体は何なのでしょうか。

スポンサードリンク

仙台上空の白い物体の正体は何?

この飛行物体を巡っては様々な憶測が飛んでいるようです。

気象庁の気象観測気球?

目撃された白い物体は、気象庁が大気観測に用いるラジオゾンデを取り付けた気象観測用気球にも似ていますが、通常の気象観測用気球の飛揚時間は1時間半程度で、この物体のように何時間も空中に留まることはありません。

引用元:ウエザーニュース

気象庁もこの物体については「気象庁のものではない」と否定しているようです。

この白い飛行物体は、6月17日の未明からゆっくり西へ移動しつつも半日近く上空にいたとのこと。

どうやら気象観測気球ではないようですね…

福岡大学の研究用無人飛行機?

 ツイッター上ではその正体が、福岡大学などが研究で用いたUAV(無人飛行機)ではないかという憶測も広がったが、福岡大学の広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対し「うちのものではない」と否定した。

引用元:JCASTニュース

南極昭和基地付近での観測や実験のために開発された無人飛行機。

見た目が似ているため、「無人飛行機では」との憶測が流れたようですが、福岡大学が公式に否定しているようです。

スポンサードリンク

UFO?

推測されていた気象観測気球など、あらゆる可能性が次々と否定される中、SNS上では「UFOでは?」との憶測が飛び交っています。

一方で、北朝鮮の観測機ではとの声もあるようです。

スポンサードリンク

北朝鮮の偵察機?

様々な意見があるようですが、一体何なのでしょうか?
スポンサードリンク

謎の飛行物体に関するネットの声

スポンサードリンク

まとめ

現在もわかっていない白い飛行物体の正体ですが、謎は深まるばかり。

今後正体が明らかになり、不安が解消されると良いですね…。

スポンサードリンク