事故

【大井競馬場から馬がまた脱走】見つかった運河はどこ?名前はサルダーナ号で管理体制が原因?

2020年6月20日、大井競馬場から馬が脱走し、近くの運河を泳いでいる姿が目撃されました。

馬はその後捕まり、大井競馬場へ戻されたようですが、近くの運河とはどこなのでしょうか。

以前も競走馬が脱走していますが、今回の原因は何だったのでしょうか。

大井競馬場から馬がまた脱走

東京の大井競馬場から馬が逃げ出し、近くの運河を泳いでいる姿が目撃されました。馬はその後、競馬場に戻されています。

警視庁によりますと、20日午前8時ごろ、東京・品川区の大井競馬場から馬が逃げ出しました。その後、近くの運河を泳ぐ馬が目撃されています。

引用元:live door ニュース

ゼッケンをつけたまま逃げ出したという競走馬。

朝の調教後に運河へ転落したといいます。

朝の調教の後に逃げ出し、競馬場のすぐ隣の防潮堤を飛び越えて、運河に落ちたという。

引用元:livedoor NEWS

脱走した馬は牝のサルダーナ号(6歳)で、高知県の競馬場から東京に移って来たばかりだったそう。

慣れない環境で興奮していたのでしょうか…?

馬は脱走から20分後に捕まえられたそうですが、けがをしており、現在治療中とのこと。

早く治るといいですね…。
スポンサードリンク

転落した運河はどこ?

現場は大井競馬場近くを流れる京浜運河。

住所

東京都品川区勝島2丁目1-2付近

サルダーナ号は苦しそうに水をかきながら350mほど泳ぎ、対岸へ到着。到着したところを捕獲されたようです。

女性の口コミ
女性の口コミ
脱走から20分後の出来事だったようです。
スポンサードリンク

原因はなぜ?管理体制は?

大井競馬場では馬が脱走した事故は今回が初めてではなく、2020年5月25日にも脱走しており、ワンボックスカーと衝突する事故を起こしています。

25日午前11時15分ごろ、東京都品川区東大井の交差点で「馬と車がぶつかったようだ」と110番通報があった。

警視庁大井署によると、現場から約1・3キロ離れた大井競馬場(品川区勝島)から脱走した馬がワゴン車と衝突。逃げ出したのは競走馬を先導する誘導馬で、事故後に確保された。

引用元:産経新聞

この事故で、馬が脱走する際に警備員がこめかみを切る軽いけがをしていますが、そのほかには幸いにもけが人はいなかったようです。

この時点では「再発防止に努める」と回答していた大井競馬場ですが、今回馬が脱走した原因についての詳細は明らかになっていません。

今回の事故を受け、大井競馬場では

競馬場では施設を総点検して、再発防止に努める

引用元:ABEMATIMES

と話しているようです。

短期間での事故のため、管理体制の見直しが必要となりそうですね…。
スポンサードリンク

ニュースを知ったネットの声

スポンサードリンク