事件

【岡山市発砲事件】暴力団事務所で発砲した犯人は誰で事件現場はどこ?組員2人が負傷

岡山県岡山市北区田町の特定抗争指定暴力団神戸山口組系池田組事務所前で発砲事件が起き、組合員2人がケガをしました。

警察がすぐに駆け付け、近くで拳銃を所持していた別の組合員を逮捕したそうですが、発砲した犯人は誰で、どこの場所で起きたのか調査していきます。

発砲事件の事件概要

30日午後、岡山市にある神戸山口組系の暴力団事務所で発砲事件があり、組員ら2人がけがをしました。警察は現場近くで拳銃を所持していた山口組系の暴力団幹部を逮捕し、詳しく調べています。

引用元:NHK WEB

銃撃されたのは池田組のナンバー2の若頭。現場から逃走する車から犯人を引きずり降ろそうと助手席に乗り込んだ池田組の組合員は、車が発信した直後に転げ落ち、負傷。2人ともすぐに病院に運ばれ、命に別状はないとのことです。

発砲当時、池田組は平成28年に山口組分裂に伴う抗争事件で殺害された組員の法要を開いていたとのこと。

組合員が一堂に会していたところを狙われたようですね。

警察は暴力団による対立抗争事件とみて緊急配備し、あたりは物々しい雰囲気に包まれたようです。

スポンサードリンク

暴力団事務所で発砲した犯人は誰?

現場から北西へ約2キロ離れた同奉還町の路上で、逃走車両に似た車を警戒中のパトカーが発見、運転していた男が車内に回転式の拳銃1丁を隠し持っていたことから銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

県警によると、男は対立抗争状態にある特定抗争指定暴力団山口組系大同会(鳥取県米子市)組幹部の岸本晃生容疑者(52)=同市古豊千。男が銃撃事件に関与したとみて殺人未遂容疑でも調べている。

池田組と対立関係にあるとされる山口組の組合員、岸本晃生さんが発砲事件に関与した疑いがもたれているようです。

現在、警察が事情聴取を行っているようですが、具体的な動機が気になるところですね。

顔画像は公表されていないようです。
スポンサードリンク

事件現場はどこ?

現場は岡山県岡山市北区田町2丁目

「三井のリパーク駐車場」付近で起こったようです。

この付近に特定抗争指定暴力団神戸山口組系池田組事務所があったようですね。

スポンサードリンク

事件に対するネットの声

スポンサードリンク