事件

登別市立鷲別中学校の工藤虎太郎さんが自殺。理由はサッカー部員によるいじめ?加害者は誰?

2020年6月22日午前8時ころ、北海層登別市にある道営住宅の敷地内で登別市立鷲別中学校1年生の工藤虎太郎さんが団地の敷地内で倒れており、その後死亡が確認されました。

工藤さんは飛び降り自殺を図ったとされています。

なぜこのような痛ましい事故がおこってしまったのでしょうか。

登別市立鷲別中学校の工藤虎太郎さんが自殺

工藤さんは22日午前8時ごろ登校のため自宅の道営住宅を出ましたが、約30分後敷地内で倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認されました。

死因は全身打撲などで飛び降り自殺したと見られています。

引用元:北海道ニュースUHB

工藤さんの遺体は涙や鼻水でぐちゃぐちゃだった、と母親は話しています。

親からすると、やりきれない思いでいっぱいですね…。

遺書はなく、なぜ自殺をしてしまったのか分からなかったそうですが、その後、携帯電話から自殺の原因となり得る事実が判明しています。

スポンサードリンク

自殺理由はサッカー部員によるいじめ?

工藤虎太郎さんの母親 ゆき美さん:「部活を休むのであれば筋トレを30分やれ、それを動画で送れと…」

スマートフォンにサッカー部員から筋トレを強要されるやりとりなどがあり、ゆき美さんはいじめがあったと受けとめています。

引用元:北海道ニュースUHB

工藤さんは中学入学と同時にサッカー部へ入部。

その後、サッカー部員からいじめを受けていたのではないかと母親は話しています。

現在全校生徒を対象に、アンケート調査を取っているようです。
スポンサードリンク

強要メールを送ったサッカー部員は誰?

未成年であることから、氏名や顔画像は公表されていません。

携帯電話に残されていたメッセージから、すでに身元は割れていると思われます。

イジメは本当に行われていたのか、複数人で行われていたのかなど詳細を調査してもらい、再発予防に努めてほしいですね…。

スポンサードリンク

自殺現場は登別西団地

男子中学生は登別市立鷲別中学校に通学していたことや、ニュース画像から登別西団地であることが分かります。

5階建ての団地ですが、5階部分から落ちたのでしょうか…?

「泣いていた」という工藤さん。心が痛みますね…。

通学していた登別市立鷲別中学校の場所は?

〒059-0034 北海道登別市鷲別町4丁目36−6

全校生徒は270人。

工藤さんの自宅からも、徒歩10分圏内にある中学校のようです。

イジメに対するネットの声

ちゃんと調査してあげて下さい。男の子は弱いところを見せたくない傾向があるので親が気がついてあげるのが難しい部分もある。亡くなってから気がつくなど、親の気持ちを考えると本当につらいのだが。年頃のお子さんのこのような事件を聞くたび自分の子供が加害者、被害者どちらにでもなり得る可能性に恐怖を感じる。
隠蔽を許さず、きちんとした事実の追求を願います。
ご冥福をお祈りします。
虐めは殺人。虐めをした加害者の罪を重くしないと、これからも若者の自殺者は増えるばかりだと思う。人1人の命を奪ったのだから、殺人者と何も変わらない。
いじめに加わった者は今後の人生で一生不利益を被る制度を作ってもらいたい。進学の際の調査書に「いじめ加害者、被害者死亡」と記入を義務付けることやマイナンバーにも同種の記載を付けるなど被害者が死亡している場合は加害者も不利益による苦しみを味わってもらう制度が必要。
【自殺?】北海道登別市で男子中学生が死亡。倒れていた道営住宅はどこ?倒れていた理由は?2020年6月22日、法華綺堂登別市に住む中学1年生の男子児童が、家を出た30分後に道営住宅の敷地内に倒れているのが見つかりました。 ...
スポンサードリンク