事件

【ひき逃げ】福島県三春町でトラックにひかれ2人死亡。盛藤吉高の顔画像は?動機は「社会生活の不安」

2020年5月31日、福島県三春町で清掃作業をしていた男女2人がトラックにはねられて死亡しました。

2人を引いた犯人は明確な殺意を持って人を轢いたと話しており、あまりに身勝手な犯行に批判が高まっています。

そこで今回はこの事件について調査していきます。

福島県三春町でトラックにひかれ2人死亡

5月31日、三春町の国道で清掃作業をしていた橋本茂さん(55)と三瓶美保さん(52)がトラックにはねられて死亡した。

トラックを運転していた盛藤吉高被告(50)は過失運転致死などの疑いで逮捕されたが、検察は、盛藤被告が故意に2人をはねた可能性が高まったとして、殺人の罪で起訴した。

引用元:YAHOO!ニュース

5月31日午前7時55分ごろ、藤森被告は前日から宿泊していた郡山市内の知人宅で、トラックのかぎを探し出して盗んだとされています。

その後、無免許で運転し約5キロ離れた三春町山田の現場に向かい時速60~70kmで2人をはねたようです。

当初はひき逃げなどの疑いで自動車運転死傷処罰法違反の疑いで逮捕されましたが、その後盛藤容疑者は故意にひき逃げをしたという供述をしたため、殺人罪の適用となったようです。

酷いですね…。
スポンサードリンク

事件現場はどこ?

現場

福島県三春町山田の国道288号線沿い

事件当時、死亡した2人はボランティアとして地域の清掃活動に参加していたようです。

本人やご家族の気持ちを考えるとやり切れませんね…。
スポンサードリンク

盛藤吉高被告の顔画像は?

現在、盛藤被告の顔画像は公表されていないようです。

盛藤被告は別の罪で服役しており、2020年5月29日に出所したばかり。

出所後は知人の会社で働く予定でしたが、出所後の社会生活に不安を感じていたようです。

スポンサードリンク

動機は「出所後の不安」

盛藤被告
盛藤被告
社会生活に不安があり、刑務所に戻った方がましと思った
藤森被告
藤森被告
誰でもよかった。車なら簡単に殺せると思った

と話しています。

事件当時、今後の生活に不安を抱えながら知人から盗んだトラックを運転していたという盛藤被告。

刑務所に戻る方法として故意にはねることを考えていた時に人が目に入り、2人をはねたといいます。

何の罪もない人を自身の身勝手な都合で殺してしまった藤森被告。

あまりにも酷すぎる動機です…。
スポンサードリンク

ニュースを知ったネットの声

戻りたいなんて思われてるようなところに何年入れようが何の罰にもならない。
三食付で布団で寝れて風呂も入れ空調もあるようなところで反省なんかするわけがない。インペルダウンみたいな刑務所ならもう戻りたくないから犯罪するのはやめようとなるが、戻りたいから犯罪するなんて本末転倒
なぜ刑務所に戻るのにわざわざ人を引き殺す必要があるのか、まだ人を実際には傷付けない前提で銀行強盗をするとか、いくらでも刑務所に戻る方法はあるだろうに。
刑務所に戻りたいからと人を殺す。そんなやつを野放しにした事にまず問題がある。
2度と出さないか、2度と戻りたくない環境にするかどっちかにしてほしい。そうすれば税金も別に回せる。
刑務所は余程快適なんでしょう、今後は二度と罪を犯したく無いと言う施設で重労働をかすのは最低限必要、加害者ばかりが良い思いしてる。
被害者の方にはかける言葉が見当たらないぐらい無念の事と思います。ご冥福をお祈り申し上げます。
刑務所に入りたい、戻りたいと勝手極まりない理不尽な理由で被害にあった人は、たまたまその場に居合わせただけですが、被害者が事実上泣き寝入りしかできない法治国家とは一体何なのでしょう。
この手の犯罪ってたまにあるが、現実社会より、刑務所の方が快適って、国も考えなきゃいけない。何より、こんな奴の、こんな目的の為に簡単に殺された2人の無念や、その家族の気持ちを思うと、死刑しかないと思う。法治国家をなめてる。
スポンサードリンク