事件

【41歳店長が過労死】回転寿司チェーン「元祖寿司」の吉祥寺店舗はどこ?労災が認定

2020年6月10日、回転寿司チェーン店で働く男性が過労死していたことが報じられました。

男性には小さな子供が2人いたそうで、子供との時間もままならなかったそう。

男性の働いていた吉祥寺店舗はどこで補償金額はいくらなのでしょうか。

回転寿司チェーン「元祖寿司」の店長が過労死

東京を中心にチェーン展開する回転寿司店で店長として働いていた男性(当時41歳)が2019年5月7日に亡くなったのは、過労が原因だったとして、三鷹労働基準監督署が今年5月25日に労災認定していたことがわかった。

男性は2014年4月、「サカイ総業」グループの「サカイ商事」に入社し、運営する回転寿司店「元祖寿司」で働いていた。

2016年7月から店長になり、吉祥寺の店舗に勤めていた2019年5月7日、心臓性突然死(致死性不整脈による心停止)によって自宅で突然亡くなった。

男性は店長として店全体を統括。従業員・アルバイトの監督、魚の仕入れから握りまでこなすほか、トラブル対応も一任され、営業日報をまとめ、会計の締め作業や、月1回の店長会議に出席していた。

引用元:弁護士ドットコム

男性の休日は基本的に週1日のみ。

店の営業時間は午前11時~午後10時だが、午前9時半には店に出て、午後11時ころに店を出るような生活を繰り返していたそう。

前残業・後残業もあったようですね。

当然睡眠時間は少なく、毎日4~5時間程度で常に寝不足の状態だったようです。

2019年5月7日未明に帰宅後、朝になって息をしていないのに家族が気づいたとのこと。

スポンサードリンク

男性の労働時間は?

残業時間

死亡前5カ月平均が80時間

死亡前6カ月平均は84時間

もっとも多い月は106時間52分

労基署は、死亡直前6カ月間の月平均の時間外労働が、過労死ラインの80時間超だったと認定。休憩時間を含む拘束時間も、月300時間前後と認定した。

遺族側と大きく隔たりがあるようですが、かなりの労働時間であったことがうかがえますね。

店舗には正社員が1~2人、外国人アルバイトが3~4人程度と慢性的な人手不足の状態だったそう。

店長として店全体を統括。従業員・アルバイトの監督、魚の仕入れから握りまでこなすほか、トラブル対応も一任され、営業日報をまとめ、会計の締め作業や、月1回の店長会議に出席するほか、人手が足りないため従業員の仕事も担っていたようです。

かなりの激務ですね…。

さらに主張と異なる部分としてあげられるのは休憩時間。

会社の就業規則で休憩は2時間半とされている。だが、川人弁護士らがアルバイトらに聞き取りしたところ、実際の休憩時間は1時間程度だったという。結果的に労災は認められたが、労基者は休憩時間を2時間半として労働時間を算定している。

川人弁護士は、休憩時間を多く設定するのは「技術的なやりかたで、外食産業に多い」と指摘する。

引用元:gooニュース

休憩時間をたくさん撮っていることにすれば、実際の勤務時間は上限よりも下回ることが多いため、残業が発覚しにくくなるとのこと。

とても難しい問題ですね…。
スポンサードリンク

男性が働いていた吉祥寺の店舗はどこ?

店舗情報

吉祥寺サンロード店:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-28

吉祥寺駅前店:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1

吉祥寺ダイヤ街店:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-1

吉祥寺には3店舗展開されており、この中の店舗と思われます。

男性は首都圏で「元祖寿司」を展開するサカイ総業グループ(東京都渋谷区)へ2014年に入社。

16年7月~19年2月にJR中野駅近く、19年2月以降はJR吉祥寺駅近くの2店舗で、いずれも店長として週6日勤務した。

引用元:朝日新聞

3店舗の中で駅近くの店舗は

吉祥寺駅前店

吉祥寺ダイヤ街店

男性はこの2店舗で勤務していた可能性が高いですね。

7歳の長男と3歳の長女がいた男性。

男性
男性
定年まで元気で働いて子どもたちを行きたい学校に行かせてやりたい。頑張るよ

と話していたそうです。

また、子供たちと触れ合えるように、毎朝7時にはアラームをかけて起きるようにしていたそう。

男性の気持ちを考えると切なくなりますね…。
スポンサードリンク

ニュースに対するネットの声

スポンサードリンク